敏感肌化粧品は無添加化粧品の場合が多い

呼び方の違いは化粧品メーカーの開発姿勢の違い

オーガニックコスメと無添加化粧品の違いがわかりますか?
無添加化粧品が有害な添加物がないことを訴えているのに対して、オーガニックコスメは作られた原料が「オーガニック=天然由来の成分」であることを強調しています。
この呼び方の違いは製品についてのメーカーの考え方の違いが反映されたものだと言えるでしょう。

オーガニックコスメは自然派、無添加化粧品は敏感肌向け

オーガニックコスメと自分たちの化粧品を呼ぶメーカーは、石油由来の原料はできるだけ使わない方が地球環境にも良いですし、お肌のスキンケアにも良いのは当たり前だと考えています。
一方で、無添加化粧品と自分たちの商品を呼ぶメーカーは、添加物の副作用に悩まされてきた敏感肌やアトピー肌の消費者の目線で、より安全性の高い商品を開発しようと考えているようです。
敏感肌化粧品ランキングや無添加化粧品のランキングを見ても、敏感肌なら無添加化粧品、香りや天然原料ならオーガニックコスメという表記の傾向は言えるようです。

オーガニックコスメは天然成分を重視

結果的に無添加化粧品になることも多いオーガニックコスメは、地球上に残されたさまざまな伝統的な化粧品のレシピを元に作られた天然由来の化粧品です。
ハーブやヘナに代表されるように、その多くは植物由来の天然原料を使用しており、石油由来の合成成分をほとんど配合していません。
そのためオーガニックコスメは一部ではナチュラルコスメ(自然派化粧品)と呼ばれ、天然のミネラルやハーブの香りを楽しむ商品となっています。

伝統的なオーガニックコスメ(自然派化粧品)の歴史

実際、化粧品の歴史を振り返ってみると、化学的に合成された美容成分を利用する時代の方が短く、天然由来の化粧品でそれまでは十分、女性はお化粧やおしゃれを楽しんでいたのです。
その時代にはアトピーや肌トラブルは少なく、化学由来の合成成分は、敏感肌や乾燥肌などの傷みやすい肌の持ち主が増えた原因の1つと考えられています。
もちろん過去とは女性を取り巻く社会環境が違いますし、大気汚染や食生活の状況も変わっています。
そのため一概には言えませんが、天然成分を利用した化粧品が安全性が比較的高いことは否定できない事実だと言えます。
もしもあなたが科学的な化粧品の効能にばかり目を奪われているとしたら、一度、1000年以上の伝統を持ったナチュラルコスメの歴史を振り返ってみるのも良いと思います。